保育目標

明るく、なかよく、元気なこども

保育方針

母体である学校法人松原学園はキリスト教を背景として設立された学園です。
本園もその伝統を継承しています。
「喜ぶものと共に喜び、泣くものと共に泣きなさい」

という聖書の言葉を根幹にすえ、常に子どもの現在と将来の幸せを考えた保育を行っていきます。

  • 自分でできることによろこびを感じながら、

生活や健康、安全に必要な習慣や態度を身に着ける。

  • 自然や身近な環境に積極的に関わり、

発見を楽しんだり考えたりする。

  • 集団の中で様々な課題に友達と協力して取り組む。

<園長より挨拶>